『ショーン・タンの旋律〜夏休みが永遠に終わらなければいいのに〜』

夏休みが永遠に終わらなければいいのにと思ったことがある、小さい人と、大きい人に。

「夏のルール」「ロスト・シング」「エリック」…

ショーン・タンの絵本を、翻訳した岸本佐知子さんの朗読と、ピアニスト・小松陽子さんのピアノで、セッションします。

——

日程:2018年8月24日(金)
開場:18時30分 開演:19時
会場:Fluss(東京都世田谷区等々力2丁目1-14 B1)
料金:2000円 *大きい人の膝の上に座って見るような小さい人は無料
出演:岸本佐知子(朗読)、小松陽子(ピアノ)

—–

ショーン・タンは、どこの国ともわからない世界、見たことのない生き物を描きます。

わからないということは、誰の世界にもなり得るということで、見たことがないということは、どこかにいるかもしれないということです。

ショーン・タンの絵本を開くと、そこがみんなの居場所になる。

ピアニスト・小松陽子さんのピアノも、ショーン・タンの世界にどこか通じるように思います。

音は目に見えないけれど、確かにそこにあって、時に、私たちを支えてくれるような柱になる。

今回、ショーン・タンの絵と、岸本佐知子さんの声と、小松陽子さんのピアノ、三つの旋律を奏でます。

あと少しで夏休みは終わってしまうかもしれないけれど、三つの旋律のハーモニーによって、

夏休みが始まったばかりのような遥かな気持ちの扉が、開きますように。


ご予約:下記メールアドレスに必要事項を明記しメールをお送りください。

ignition.gallery@gmail.com

件名「ショーン・タンの旋律」

1.お名前(ふりがな)

2.当日のご連絡先 

3.ご予約人数

*ご予約申し込みメール受信後、数日以内に受付確認のメールをお送り致します。


*メール受信設定などでドメイン指定をされている方は、ご確認をお願い致します。


*当日無断キャンセルの方にはキャンセル料を頂戴しております。席数に限りがあります。定員に達し次第、受付終了となります。

プロフィール:

岸本佐知子(きしもと・さちこ)


©講談社

翻訳家。訳書にミランダ・ジュライ『あなたを選んでくれるもの』、リディア・デイヴィス『ほとんど記憶のない女』、ジャネット・ウィンターソン『灯台守の話』、ジョージ・ソーンダーズ『短くて恐ろしいフィルの時代』、スティーヴン・ミルハウザー『エドウイン・マルハウス』など多数。編訳書に『変愛小説集』、『居心地の悪い部屋』、著書に『なんらかの事情』など、編著に『変愛小説集 日本作家編』など。最新刊はミランダ・ジュライ『最初の悪い男』。

小松陽子(こまつ・ようこ)


福島県生まれ。ピアニスト/作曲家。

5歳よりピアノを始め、音大、大学院にてクラシックピアノを学ぶ。

卒業後、作曲活動を開始し、映像へ楽曲提供をするなど活動の幅を広げている。

2016年にpiano atelier Flussをオープンさせる。

企画:熊谷充紘(ignition gallery)